専業トレーダーとしてFXだけで生活していく条件を考えてみた

危険

FXの専業トレーダー生活は夢!?

イラスト-儲ける

こんにちは、ネオニート新之助です。

「副業ではなく専業トレーダーとしてFXで飯を食べていく……」

FXに参戦する人の多くが、一度はこういった夢を見たでしょう。かくいう私もFXの自動売買だけで生活したいと思っています。好きな時間に起きて好きな時間に遊ぶ……夢のような生活ですよね。

普段サラリーマンをしている人は、朝早く出社して、夜遅くまで残業。さらに飲み会や会議といったものを抱えながら毎日を頑張っているでしょう。でも、専業のFXトレーダー生活なら、そのような大変な毎日から解放されるかもしれません。

もちろん、専業トレーダーにはデメリットもあります。

ということで、ここでは「専業トレーダーとしてFXだけで生活していくにはどんな条件があるのか」について考えてみました。知人の専業トレーダーに聞いた話を参考にしていますので、専業トレーダーの生活に迫っていきましょう。

FX専業トレーダーの条件

①大量の証拠金

FX専業トレーダーが本業の生活。それは収入がFXでの利益だけという意味です。当然、毎月一定額以上の利益を出していかなければいけません。「勝てる」「勝てている」だけでは生活は成り立たないのです。

20代であれば、月あたり20万円ほどの利益、年収にして250〜300万円程度でも生活は可能でしょうが、30代や40代になった場合や子供がいる場合は、その程度の収入ではカツカツの生活でしょう。月あたり40~50万、年収にして500〜600万円は欲しいですよね。

FX生活で自由に稼ぐ……言うのは簡単ですが、実際にできるかどうかは別問題。実際にFXを本業にして生活するためには、大量の資金が必要です。

FX生活のためには月あたりのpipsを多く取りに行くよりも、大量の証拠金を使用したトレードのほうが安定しやすいでしょう。FXのトレード損益は「通貨量×レバレッジ×pips」で決定するため、3つの要素をどうするかがキー。

しかし、pipsを大きく取りに行くということは、それだけ失敗へのリスクも増えます。資金が尽きたら終わりの「専業トレーダー」には危険なリスクです。

現実的にFXでの収入のみで生活するのならば、通貨量を上げて勝算の高い盤面でのみ大量のロットでポジションを持つのが鉄則。だから資金が必要になります。「おすすめ」ではなく「鉄則」です。シビアなトレード以外にFX生活は無理だと考えておくべきでしょう。

スワップポイントの利息で収入を得てFX生活する方法もありますが、それこそ億クラスの大量の資金がなければ生活できる程の収入など得られるわけがありません。

②尋常ではない精神力

イラスト

FX専業トレーダーは勝ち続ければ会社員よりも自由や経済的な成功を手にすることが可能。しかし、漫画のように簡単にはいきません。負けてしまえば銀行口座は空、全てが終わりです。借金してまでFX生活にしがみつくわけにはいきません。

兼業トレーダーや主婦、副業の人とは違い、FXの専業トレーダーには一回一回のトレードに生活がかかってしまうため尋常ではない精神力が必要になります。FXの勉強はもちろん必要ですが、それ以上に必要なのはFXと向き合う時の精神力です。

  • 今月50万稼がないと家族が生活できない
  • 今回負けると証拠金が尽きてしまう

こういった場合に生活を賭けて正常なトレードが出来る人などほとんどいません。正直、人によっては会社勤めの生活のほうがFX生活よりもはるかに楽でしょう。

③トレード手法が完成していること

イラスト

FXにおけるトレード方法が完成していること。これはFX生活を送るための最低限の条件です。

売買ルールが決まっておらず、ただトレンドに乗るだけ……そんなやり方でFX生活をするのはさすがに無謀過ぎ。スキャルピングでもデイトレードでもかまいませんが、自身の投資方法が確立されていなければFX生活などするべきではありません。テクニカル分析ができるとか、ロスカットができるとかも大事ですが、それ以上に自分のルールを確立させてそのルールを守ることがFX生活では重要です

④相場に合わせた生活をする

ニューヨーク

FXの専業トレーダーとして生活するのであれば、世界3大市場が開いている時間帯が生活時間帯になるでしょう。そのため、海外時間で生きるような感覚になります。

世界三大市場とは「東京市場」・「ロンドン市場」・「ニューヨーク市場」。中でも「ロンドン市場」と「ニューヨーク市場」で投機筋が活動してくるため、大きく市場が動きます。

市場が大きく動かないとFX生活の要である利益を大きく取ることは困難。最低でもロンドン市場が開く16:00~朝3:00ごろまでは相場を監視しなければいけません。意外とFX生活は時間に縛られてしまうものです。

仮にFXの自動売買を使用していても監視は必要でしょう。目の前にある情報以上に貴重な情報はありません。

チャンスを逃さないために生活スケジュールを変えることが、FX生活を成り立たせるコツの1つ。このくらいできなければ億万長者になるどころか、月の生活費すら生み出すのは困難です。

ですが、自動売買ツールを使用使用することで時間にも多少は余裕は出ます。まずは自動売買ツールを使用することもいいかもしれません。

こちらのページで詳しく説明しているので、利用方法を知りたい方はこちらをご覧ください!

 

⑤社会的地位を捨てる覚悟

FX生活の専業トレーダーは、基本的に個人事業主です。FX生活が始まれば、社会的地位は低くなり、ローンも通りにくくなります。FX生活を続けて、大きく稼いで法人化すれば社会的地位を得ることも可能ですが、大量の証拠金や安定的に利益を上げ続けるスキルは必須です。

まとめ

イラスト

FX専業トレーダーとなり生活をしていく条件を解説してきましたが、「思っていたよりもFX生活は難しい」と感じた人が多いかもしれませんね。FX生活が始まれば、ここで取り上げた以外に税金などの問題も付きまといます。

しかし、FX生活は他人に振り回されない仕事ですし、稼ぐ金額の上限を取っ払うことも可能です。兼業トレーダーとしての実力つき、証拠金が増えてきたら専業トレーダーとなりFX生活を目指すのも良いでしょう

ブログ管理人からのお知らせ

◎ネオニート新之助が使うMT4などで使用できるFX自動売買EAについて知りたい方はこちら➡

◎管理人のネオニート新之助がFXの自動売買システムを提供中。詳細をご覧になりたい方はこちら↓↓↓