FXは土日休み?日本と海外のFX会社で異なる営業時間

FXは365日動いてる?

イラスト

こんにちは、大介です。

今回はFXの取引時間について詳しく紹介しましょう。

株式市場は平日9時から15時が取引時間。そのため、なかなかサラリーマンには取引が難しいところです。一方、FXは平日仕事のサラリーマンでも、夜にリアルタイムでトレードできるので投資の実感がわきますね。

昼よりも夜に値動きが激しく、利益が上げられるチャンスが多い通過ペアもあります。たとえば、ユーロドルなどがそれにあたるでしょう。

さて、昼も夜もせわしなく動いている世界の相場。FXは世界中でトレードされていますが、取引できる時間はどのように決められているのか、また、土日や祝日のトレードは国によって違うのか。このあたりを今回は簡単にまとめてみたいと思います。

24時間つながるFXの取引時間

まずは主なFX市場の中心となる時間帯を早い順番に見ていきましょう。

FX市場は株式のように証券取引所のような機関がありません。そのため、何時から何時までが営業時間と厳密に決められている訳ではありません。しかし、各国の証券取引所が開く少し前から取引が始まるFX会社が多いようです。

また、夏時間というものもあります。夏時間ついては後述しますのでまずは、各国の冬時間を見てください。

  • オセアニア :4時~14時
  • 東京    :9時~18時
  • ロンドン  :17時~翌日2時
  • ニューヨーク :23時~翌日7時

上のように各国の中心取引時間がずれているので、FXの市場は24時間となっています。

朝一番早いのはオセアニア市場ですが、注目を浴びるのは土日に大きなニュースがあった週明けの月曜日くらいで、それ以外は東京、ロンドン、ニューヨークの3箇所でほぼ24時間をカバーできるため、それ以外の市場の関心は低くなります。オセアニア時間からリアルタイムトレードに対応しているのが、サクソバンク。(https://www.home.saxo/ja-jp。

冬時間は月曜日の午前4時(夏時間は午前3時)から取引が可能です。ちなみに、サクソバンクはデンマークが本社の銀行です。時系列で見ていくと最後がニューヨークとなるため、週末はニューヨークの取引終了時間=FX市場の終了時間となります。

週単位でFXの取引時間を確認

イラスト

週単位で見ると、日本時間の月曜日午前4時~土曜日午前7時まで(アメリカ、オセアニアともに冬時間)です。

サクソバンクではフルタイムでトレードできますが、日本のFX会社の多くはアメリカ冬時間で月曜日午前7時~土曜日午前7時、夏時間で月曜日午前7時~土曜日午前6時までが取引時間となっています。

また、毎日のシステム日次更新やメンテナンスで取引が10分程度一時停止となるところも。土曜日の終了時間はFX会社によって1時間くらいの差はあるので注意してください。

日本で取引できる海外FX会社

日本で取引できる海外FX会社では少し異なるところもあります。

メジャーなところでは、以下のようなFX会社です。

  • XM
    冬時間で月曜日午前7時5分~土曜日午前6時50分
    夏時間で月曜日午前6時5分~土曜日午前5時50分
  • Axiory(アキシオリー)
    冬時間で月曜日午前7時4分~土曜日午前6時58分
    夏時間で月曜日午前6時4分~土曜日午前5時58分

日本のFX 会社と比べて夏時間の月曜日が1時間くらい早く取引開始となります。

冬時間と夏時間について

続いて、冬時間と夏時間についてです。一般的には「欧米は夏がサマータイムだから時間がずれる」くらいの感覚でしょう。しかし、FXの世界ではアメリカと欧州では夏時間の期間が異なり、更にオセアニアは南半球なので北半球の東京、ロンドン、ニューヨークとは季節が逆。とてもややこしいのです。

一番影響するのは、経済指標などの発表時間ですが、いつから夏時間とかなかなか覚えていられないので、取引前に発表時間を確認しておくのは重要でしょう。

取引が活発な時間帯

イラスト

24時間トレードのできるFXですが、普通の人間は24時間戦えませんので、限られた時間でトレードすることになると思います。

そこで、できれば取引が活発、値動きが大きめな時間帯で効率よくトレードしたいですよね。

具体的にいつなのかというと、

  • 東京、ロンドン、ニューヨークが動き出して2、3時間
    アメリカ冬時間の日本時間で9~10時、16~19時、23~1時といった時間帯
    ※欧州夏時間は15~18時、アメリカ夏時間は22~0時と1時間早くなりますので注意

冬時間帯に夏時間と同じ時間からトレードを開始すると、いまいちな結果になりやすいですよ。冬時間帯は早めにお風呂に入って、体調を整えましょう。寝る時間は遅くなりがちなので、寝不足にはご注意ください。

土日のFX

イラスト

主要市場でのFXトレードは上の時間帯になり、土日のトレードはできません。

しかし、実は土日にも動いている市場はあります。中東レートと言われているのですが、バーレーンなどアラブ諸国の一部では金曜日を休日とする国があり、そのような国では土日もFX市場が動いているのです。

但し、日本では一般トレーダーが中東レートで取引する手段はもちろん、信頼できるレートを確認することもできないようです。まあ、取引規模は小さいですし、土日に大きなニュースあった場合は動くようですが、そもそも取引はできないため気にしても仕方がありません。

かつてはオアンダ(OANDA)が2001~2012年に土日取引のサービスを行っていましたが、現在は終了となっています。土日の変動リスクを考慮するとスプレッドを広く設定する必要がありますが、そのコストを顧客に負担してもらうのはオアンダの方針に反するといったことが理由だったようです。

土日の取引はできないのですが、サクソバンク、オアンダなどでは定期更新されるレートをWebサイトで表示しています。スプレッドはかなり広めになっていますが、週明けの相場見通しの参考にはなると思います。

土日にポジンションを持ち越すリスク

イラスト

重要なのは、土日ポジンションを持ち越してしまうとリスクがあること。

たとえば、土日の間に大災害、戦争、クーデター、大きな会社の倒産などがあった場合、相場は大きく変動します。

たとえ50pipsの損切り設定をしていたとしても、ニュースによっては500pips以上の変動となる場合があり、大きな損失、莫大な追加証拠金の追加請求が発生する場合もありますので、高いレバレッジをかけてトレードする人は土日の持ち越しは避けるようにしてくださいね。金曜日の午前0時を過ぎると値動きも小さくなることが多いので、タイミングを見て決済すれば土日の心配も無くなります。

祝日のFX

イラスト-チャートのレンジ相場

日本だけでなく各国にも独自の祝日があります。祝日は金融機も休みのため株式市場も休み。しかし、FX市場は特定の国が祝日であっても、その他の国の市場が開いていたらトレードできます。つまり、基本的に土日以外はトレードできるということです。

例外として、土日以外で取引が停止するのがクリスマスの日本時間16時以降と元日。ただし、アメリカの祝日は市場が閑散となることもあり、大きなニュースが無い限り相場があまり動きません。トレードをお休みにすることをおすすめします。

まとめ

イラスト-チェックリスト

平日は24時間トレードできるFXですが、値動きしやすい時間帯、しにくい時間帯がそれぞれあります。自分のトレードスタイルに合わせて、ある程度決まった時間帯にトレードしたほうが良い成績をあげやすいかもしれません。また、繰り返しになりますが、慣れないうちは週末にポジションを持ち越さないように気をつけてください。

 

👇参考になった場合はポチっと押してください👇
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

ブログ管理人からのお知らせ

◎大介が使うMT4用のFX自動売買EAについて知りたい方はこちら➡

◎管理人の大介がFXの自動売買で生活するために、初期投資5万円で自動売買を運用中。収支報告をご覧になりたい方はこちら↓↓↓