FX初心者は損切り(ロスカット)と利食いはどっちが難しい?

FXで収益をあげるための2つの方法

こんにちは、大介です。

今回は、損切りと利食いの話を書こうと思います。

損切りと利食いのテクニック習得は、FXで安定的に収益をあげるための必須条件のひとつです。どちらも簡単に習得できるものではないですが、勝ち組トレーダーの多くが「損切りよりも利食いの方が難しい」と言っているようですね。

しかし、「損切りはできるが、利食いはできない」という意味ではなく、「損切りは適切に行えるが、より利益を伸ばせるような利食いをするのが難しい」という意味です。

損切りは「一定の値動きで切る」とルールを決めることができます。しかし、利益を取る利食いの場合、損切りよりももっと具体性が必要性になってくるのです。利食いは「欲との戦い」でもありますね。

FX初心者は損切りの方が難しい?

急落まったなし

先ほど、プロのFXトレーダーには損切りの方が簡単で、利食いが難しいと紹介しました。一方、FX初心者は、逆に「利食いよりも損切りの方が難しい」と思っている人がほとんどのようです。

もっと正確に言えば「利幅が狭いか広いかは置いておいて、利食いは比較的簡単にできる。でも、損切りはなかなか実行できない、または上手な損切りができない」という意味になるでしょうか。

FX初心者は「勝率100%なんてあり得ない」とわかっていながらも、少しでも損をするのが嫌で損切りが出来ない傾向があります。

初心者は、まず苦手な損切りを克服することです。その後に、利食いのテクニックを磨くと良いでしょう。出来ないことを出来るようにするのが先決ですし、FXトレードにおける損切りはとても基本的なことなので、必ず出来るようにしてください。

FX初心者が損切りを難しいと思う理由とは?

損切りに対する考え方が失敗する原因になる

ロスカット

初心者は損切りをネガティブに考えているため、損切りがなかなかできません。目先の1円を無くすことに抵抗があるのです。

しかし上級者は、「損切りは取引のための必要経費」とポジティブに捉えているため、損切りをしやすいのです。両者は対極の考え方をしているので、根本から簡単なことと難しいことが違っています。

損切りを「負け」みたいにネガティブに捉えていませんか?

初心者の多くが、損切りはネガティブなものだと、考えています。以前は私もそうでした。負けている現実を認められないんですよね。

確かに、損切りは痛みを伴うもの。含み損を抱えたまま決済をすれば、損失が確定して自己資金が減ることになります。

もちろん、誰でも資金が減るのは嫌なものです。精神的にも苦痛ですし、トレードの失敗を認めるのも、なかなか難しいでしょう。

また、含み損は損切りしないかぎり損失が確定しないのもポイントです。損切りしない限り、まだ勝てるチャンスはあるわけですから、そのチャンスにすがりたくなってしまうんですよね。

しかし、損切りをせずに相場がさらに下がれば、受けるダメージはどんどん大きくなっていきます。根拠のないチャンスにすがるのではなく、最小限のダメージで取引を終わらせ、次の取引に目を向けるほうが結果的には「まだマシ」となることがほとんど。だから、損切りは大事なんです。

上級者は「損切りは必要経費」と考える

ローソクの足

一方、勝ち組トレーダーは、「損切りは必要経費」とポジティブに捉えています。

FX取引に100%勝つことは、プロであってもほぼ不可能。ということは、損失は避けては通れないものであり、トータルで利益を上げるために必要な経費だ、と考えられます。

重要なのは、どれだけ損失を抑えられるかということ。ロスカットではなく自分で損切りすれば、どれだけの損失を確定させるのかはトレーダーの意思です。損切りによって次のトレードのための資金を確保すると考えれば、損切りもしやすくなるでしょう。

すぐ利食いをし、損切りは遅い

軒並みストップ安

初心者にありがちな失敗は含み益がでたらすぐに利食いするものの、含み損がでたら損切りに迷い、結果、大きな損失を出すケースです。

最悪な場合は、ロスカットにあい、撤退を余儀なくされることに……。

勝率は高く、コツコツと小さな利益を積み上げるものの、一回の損失額が大きく、トータルでは負けてしまうのです。コツコツドカン!というパターンですね。株をやっていた時、私はもろにこのパターンで損失を膨らませていきました。

このようなトレードをする人には、利食いより損切りのほうが難しいと感じています。

しかし実は、この様な不合理な取引をしてしまう背景には、ある人間の本能が関係しています。

プロスペクト理論とは

行動経済学に、「プロスペクト理論」という考え方があります。

これは、「人間は利益を得られる場面ではリスクを避けるが、損失を被る場面では、逆にリスクをとる傾向がある」というもの。

FX取引に置き換えれば、「含み益が出ている時は、すぐに利食いをしたがるが、含み損が出ている場合は、損切りをしたがらない」ことになります。つまり、「FX初心者が利食いはすぐにできても、損切りはなかなかしない」のは、人間の本能からくるものであり、仕方がないものと考えられます。

しかし、収益をあげるには、この人間心理を克服していかなくてはいけません。FXはメンタルで勝負するものですから、人間心理を克服して立ち向かっていくのも大事です。

人間の感情がトレードの障害

勝ち組トレーダーは、人間の感情がトレードの障害になることを知っており、

  • 「損切りは必ず設定し、それを絶対動かさない」
  • 「プログラムが自動で売買をする自動売買(システムトレード)を取り入れる」

といった対策を講じているのです。

損切り貧乏になる

じわじわ下がる

FXで損切りはできるもの、資金がどんどん減っていく人も、損切りの難しさを感じていることでしょう。これは「損切り貧乏」と言われ、初心者によくあるケース。

トレードで安定して収益を上げるには、損切りすることは必要不可欠ですが、損切りばかりでは、もちろん勝てません。大事なのは、そのトレードで負けた理由を分析することです。

含み損が出るとすぐ不安になって損切りをしてしまう……こんな心理的な理由が負けの原因なら、逆指値をあらかじめ設定すると良いでしょう。

そもそもポジションを持った価格やタイミングが間違っている場合、こんな時は取引ルールを今一度見直すべきです。

まとめ

損切りテクニックを磨いて、勝ち組トレーダーになろう!

大暴落

勝ち組トレーダーになるためには、「損小利大」が実践できる取引をする必要があります。「損小利大」は相場格言のひとつで、「損失は小さくし、利益は大きくすべき」という意味。

損小利大を実践するには、損切りと利食いのテクニックを磨いていく必要がありますが、もちろん簡単なことではありません。知識と経験を重ねていくしかないのです。

勝つことより、利益をどれだけ伸ばせるか

実は、トレードを始めたばかりの人でも、取引で勝つことはあまり難しいことではありません

普通に考えれば勝率は50%なので、仮に感覚だけでトレードをしたとしても、収益をあげることも少なくないのです。

「その利益をどれだけ伸ばせるか」という問題はひとまず置いといておけば、その含み益を利食いすることは比較的簡単でしょう。

一方の損切りは、確実に資金が減り、心理的にも痛みを伴うので難しいと感じてしまう人が多いのです。しかし、損切りはトータルで収益を上げるための必要条件。避けては通れません。

上級者のように「損切りは必要経費のひとつ」とポジティブに思考を切り替えて、損切りのテクニックを磨いていけば、勝ち組トレーダーへの道が開かれるはずです!

ブログ管理人からのお知らせ

◎ネオニート新之助が使うMT4などで使用できるFX自動売買EAについて知りたい方はこちら➡

◎管理人のネオニート新之助がFXの自動売買システムを提供中。詳細をご覧になりたい方はこちら↓↓↓