FXで海外口座が人気!大手10社のレバレッジを比較してみた

FXで海外口座が人気!

イラスト

こんにちは、大介です。

今回は海外口座のレバレッジについて特集しようと思います。知っている人も多いと思いますが、最近、海外FX口座の人気が高まっていますよね。

海外FX口座は、国内FX口座と比べて入出金がやや不便、見た目上のスプレッドは少し広め、日本語のサポートが心配など、不安を感じる人もいるかもしれませんが……そのようなデメリットを帳消しにするようなメリットもあるため、人気が上がってきています。

多くの業者が参入してきているからか、全体的なサービスも向上。一度使い始めればとくに不便さは感じないでしょう。

海外FX口座の魅力は、何と言ってもレバレッジの高さ。今回は、主な海外FX会社10社の一般的なスタンダード口座で最大レバレッジを比較してみましょう。

海外FX会社10社の最大レバレッジ

1)XM(スタンダード)

  • 有効証拠金 レバレッジ
  • 2万ドル未満 888倍
  • 2~10万ドル 200倍
  • 10万ドル以上 100倍

2)Taitan(スタンダード)

  • 有効証拠金 レバレッジ
  • 制限なし 500倍

3)Axiory(スタンダード)

  • 有効証拠金 レバレッジ
  • 10万ドル未満 400倍
  • 10~20万ドル 300倍
  • 20万ドル以上 200倍

4)GemForex(オールインワン)

  • 有効証拠金 レバレッジ
  • 20万ドル未満 1,000倍
  • 20万ドル以上 500倍

5)FBS      (スタンダード)

  • 有効証拠金 レバレッジ
  • 200ドル未満 3,000倍
  • 200~2,000ドル 2,000倍
  • 2,000~5,000ドル 1,000倍
  • 5,000~3万ドル 500倍
  • 3~15万ドル 200倍
  • 15万ドル以上 100倍

6)HotForex(プレミアム)

  • 有効証拠金 レバレッジ
  • 制限なし 500倍

7)Tradeview(スタンダード)

  • 有効証拠金 レバレッジ
  • 制限なし 500倍

8)TradersTrust(クラシック)

  • 有効証拠金 レバレッジ
  • 2万ドル未満 400倍
  • 2~5万ドル 300倍
  • 5万ドル以上 100倍

9)Land-FX(Live)

  • 有効証拠金 レバレッジ
  • 5万ドル未満 500倍
  • 5~10万ドル 300倍
  • 10万ドル以上 200倍

10)iForex(スタンダード)

  • 有効証拠金 レバレッジ
  • 制限なし 400倍

FBSの最大3,000倍って200ドルまでだったんです。

有効証拠金で違いがあるFX会社もありますが、最低でも100倍となっています。ちなみに国内FX会社のレバレッジは最高でも25倍です。

国内FX会社でも昔は100倍以上のレバレッジだったのですが、金融庁がギャンブル的な投資を抑制するためにレバレッジ規制を踏み切りました。さらに、つながりのある外国の金融官庁に働きかけて、日本で営業する海外FX会社にも圧力をかけることもあったようです。

そのためか、現在でも日本に進出している海外FX会社は、日本の金融庁と関係の薄いセーシェル、ベリーズ、ケイマンなど、なじみの薄い国の金融ライセンスを取得しているところが多いようです。

レバレッジが高いと資金2万円でどれだけ儲かられるのか?

イラスト-儲ける

それでは、FBSの3,000倍対象が200ドルまでということで、資金2万円として最大レバレッジでドル円(110円/ドル想定)運用して20pips勝った時の利益を、最大レバレッジ別に見てみましょう。

  • 3000倍
    保有可能ドル円:54万6千通貨
    利益:109,200円
  • 1000倍
    保有可能ドル円:18万1千通貨
    利益:36,200円
  • 888倍
    保有可能ドル円:16万1千通貨
    利益:32,200円
  • 500倍
    保有可能ドル円:9万通貨
    利益:18,000円
  • 400倍
    保有可能ドル円:7万2千通貨
    利益:14,400円
  • 200倍
    保有可能ドル円:3万6千通貨
    利益:7,200円
  • 25倍
    保有可能ドル円:4千通貨
    利益:800円

差は歴然ですね。高いレバレッジの威力は凄まじいです。

3,000倍では1回のトレードで資金が6倍以上とか、まるで馬券です。

但し、3,000倍のFBSでロスカット水準は証拠金維持率20%ですので、マイナス2.9pipsでロスカットとなります。通常のスプレッドは1.5pipsですので、エントリーからマイナス1.4pipsでロスカットとなります。

注文ボタンをクリックした途端に資金が溶けて終わっている可能性もあり、トレードとしては現実的ではありませんが、2万円の一発勝負で資金6倍狙いはありかも。

1,000倍のGemForexはマイナス8.8pipsで、888倍のXMはマイナス10pipsでそれぞれロスカット。この辺りのレバレッジは、一発勝負の博打的FX挑戦の絶妙な倍率のような気がします。

500倍でも20pips獲得で資金は2倍近くになるので十分な威力と思います。まあ、FXは勝率100%で勝ち続けることは難しいで、最大倍率で勝負するにしても1回限りにしてください(笑)

実質倍率は100倍くらいでも十分、資産を増やしていくことは可能だと思います。

高いレバレッジのもう1つのメリット

イラスト

高いレバレッジには保有可能なロット数だけではなく、もう1つの大きなメリットがあります。それは資金を有効に使える点。少し負けが続いて、資金が減ってきた状況を考えてみてください。

最大レバレッジ25倍の国内FX会社の場合、ロスカット水準が20%として、上と同じ条件でドル円1万通貨の含み損ポジションがあった場合、残り資金が約8,800円でロスカット。さらに粘ろうとすると追加の資金投入が必要となります。

ところが、888倍のXMだと、同じくロスカット水準は20%ですので、残り資金が約248円(ほぼ0円と言って良いような)まで粘ることができます。

海外FX会社のほとんどは、追証発生無しのマイナス残高リセットを採用しています。だからこそ、証拠金を0円直前まで有効に使えるのですね。

さらに言えば、海外FX会社では入金ボーナスが付くところも多く、入金額に対する実質のレバレッジはさらに高く設定することも可能です。

まとめ

イラスト

海外FX口座の高いレバレッジの魅力を感じていただけでしょうか。

常に高いレバレッジで勝負するのはリスクが大きいのであまりおすすめできませんが、FXではたまに上昇する確度、下降する確度が高い相場になることがあります。そんな時に高いレバレッジで対応をすれば、効率良く資金を増やすこともできるでしょう。是非、海外FX口座で高いレバレッジのメリットを活用してみてください。

👇参考になった場合はポチっと押してください👇
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

ブログ管理人からのお知らせ

◎大介が使うMT4用のFX自動売買EAについて知りたい方はこちら➡

◎管理人の大介がFXの自動売買で生活するために、初期投資5万円で自動売買を運用中。収支報告をご覧になりたい方はこちら↓↓↓