海外FXでスキャルピングするときのおすすめ口座はどこ?

海外FXでスキャルピング

イラスト

こんにちは、大介です。

今回はスキャルピングについてです。国内のFX会社では禁止されているところも多いスキャルピングですが、トレード手法の1つであるのは間違いありません。海外FXでスキャルピングを行う場合の注意点や、おすすめ口座についてまとめたいと思います。

そもそも、スキャルピングとは

イラスト-本

スキャルピングとは、短時間で小さな値幅を狙って繰り返しトレードする方法。ただし、どれくらいの短時間でトレードすればスキャルピングなのか、どれくらいの回数トレードをしたらスキャルピングなのか、このあたりは厳密には規定されていません

つまり、FX会社が「それはスキャルピングです」といえばスキャルピング扱いであり、スキャルピングが禁止されているFX会社では口座凍結されてしまう可能性もあります。理不尽に感じるかもしれませんね。

スキャルピングを禁止する理由ですが……「短時間に頻繁に行われる取引は、他の顧客または取引システムに悪影響を与えるのでダメ」というのが、国内FX会社の言い分。注文が多くなってサーバーの調子が悪くなったら、スキャルピングと思われるトレードをした顧客に「お前が悪い」という感じでつるし上げられるようですね。

国内のFX会社は、DD方式(ディーリングデスク方式)というFX会社とトレーダーの利益が相反する方法で商売をしています。トレーダーが取ったポジションに売買の差が生じると、インターバンクを通して差分を反対ポジションで取るのですが……このカバー取引で、FX会社はリスクヘッジをしているのですね。

しかし、もしもトレーダーがスキャルピングで大量の注文を繰り返したら、カバー取引が追いつかなくなることもあるでしょう。つまり、場合によってはFX会社が損をしてしまう可能性も出てきます。このようなリスクを回避するために、スキャルピングを禁止しているFX会社が多いようです。

海外FX会社のスキャルピング対応

イラスト

海外FX会社では、人気の高いXMをはじめ、多くがスキャルピングを認めているのですが、一部の会社では制限されています。

  • iForexが完全に禁止
  • Land-FXは、自動売買を使ったスキャルピング、経済指標発表時のスキャルピングを禁止
  • GemForexでは、サーバーの執行能力に支障があると認められる場合に警告

となっています。確認できたわけではありませんが、5分で往復10ロットは引っかかるレベルという情報もある模様。iForexとLand-FXはスキャルピングに対して厳しいので「本当はDD方式じゃないのか」という疑いを持っている人もいるみたいです。

スキャルピングでおすすめ口座

イラスト

それでは、スキャルピングでおすすめ口座はどこでしょうか。

スキャルピング口座選びで重要なポイントは、

  • スキャルピングトレードを認めていること
  • サーバーの安定性
  • 約定力の高さ
  • スプレッドの狭さ

になります。

そのようなポイントを満たす4社でおすすめ口座を紹介します。

XMTrading (XMトレーディング)

XMは国内で最も多くの口座数持つ海外FX会社であり、インターネット上での情報も充実しています。日本の市場を重視していて、サポートが充実しています。全注文の99.35%は1秒以内に約定というスピードも十分です。

個人で開設できる口座は3種類ありますが、その中でECN口座である「ZERO口座」は直接インターバンク市場に注文を流す取引のため、STP口座のスタンダード口座よりも約定スピードが速く、手数料は発生するものの特にドル円、ユーロドルのスプレッドが狭く、スキャルピング向きと言えます。

但し、ポンド円、豪ドル円のスプレッドは広いため、トレード対象から外したほうが良いかもしれません。

<XM証券公式ページ>

AXIORY(アキシオリー)

AXIORYはボーナス設定がありませんが、その分スプレッドは低めに抑えられているようです。約定力についても、99%以上とXMに比べて遜色ありません。

また、MT4とともに提供されるcTraderというプラットフォームでは、一般的なMT4では見ることのできない株取引のような板情報を見ることができます。現在価格より少し上、少し下の大きな注文がどこにあるかを確認できるのはスキャルピングにとってかなり役立つと思います。

AXIORYではMT4でも板情報を見れるOneClickTradingEAというツールを提供していますが、cTraderの方が見やすいです。スプレッドや手数料はMT4によるトレードと同じですし、ECN口座である「ナノスプレッド口座」がスプレッドも小さいのでおすすめ。

TaitanFX(タイタンFX)

サーバーの性能、設置場所も約定スピードに影響を与えます。TaitanFXの取引サーバーとECNシステムはニューヨークのエクイニクス(Equinix)社 NY4データセンターに設置されており、スキャルピング取引にとって抜群の環境です。

さらに究極の約定スピードを追求すると、エクイニクス社NY4データセンターにあるFX用VPS(仮想専用サーバー)最大手のBeeks(https://www.beeksfinancialcloud.com/ )でVPS契約するという選択肢もあります。その場合、約定スピードは自宅のパソコンから注文する数十倍になるようです。

TaitanFXのECN口座は「ブレード口座」。手数料やスプレッドはXMやAXIORYと大差ないので、充分におすすめできます。

Tradeview(トレードビュー)

少しマイナーな海外FX会社ですが、ECN口座の手数料が上の3社と比べて低いこと、AXIORY同様、板情報が見れるcTraderのプラットフォームが準備されていること、TaitanFXと同様、システムがニューヨークのエクイニクス(Equinix)社 NY4サーバーを使用しており約定スピードが高いことで、スキャルピングに向いています。

ただし、日本語対応、日本人向けサポートがやや弱いので中級者以上限定になるかもしれません。TradeviewのECN口座は、MT4用が「ILC口座」、cTrader用が「cTrader口座」となっています。

スキャルピングではECN口座がおすすめ?

イラスト-疑問点

スキャルピングでは、少しでも高い約定スピードがよいと考えるため、ECN口座でご紹介してきましたが、ECN口座はボーナスが無かったり最低入金額が高かったりと、初心者にはハードルが高い部分もあります

ECN口座開設の条件が満たせない場合は、通常のスタンダード口座でも問題ありません。スタンダード口座で経験を積み、しっかり勝てるようになれば、必要な資金を投入。その後に、ECN口座を追加して利幅を伸ばしていく方法でも良いでしょう。ECN口座の手数料はスプレッドとは異なり、確定申告時に必要経費として計上できますので、税金面でも有利です。

👇参考になった場合はポチっと押してください👇
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

ブログ管理人からのお知らせ

◎大介が使うMT4用のFX自動売買EAについて知りたい方はこちら➡

◎管理人の大介がFXの自動売買で生活するために、初期投資5万円で自動売買を運用中。収支報告をご覧になりたい方はこちら↓↓↓