XMで強制ロスカットされるときの証拠金維持率と計算方法

XMで強制ロスカットされるのはどんなとき?

イラスト

こんにちは、大介です。

今回はXMでの強制ロスカットについて書こうと思います。一般的にはゼロカットと呼ばれる強制ロスカットですが、XMのFX口座はマイナス残高リセットが適用。つまり、相場の急変動で口座資金がマイナスになったとしても、国内FX会社のように追加証拠金の入金を求められることはありません

証拠金維持率が50%以下になると……

しかし、証拠金維持率が50%以下になると、ポジション維持に十分な資金がないことを警告するマージンコールが発生します。マージンとは余裕という意味。コールといっても電話ではなくメールで証拠金の追加入金を促すお知らせがきます。サッカーで言うところのイエローカードだと考えるとわかりやすいでしょう。

マージンコールが発生した段階で取るべき対応は、次の3つのうちいずれかです。

  1. 追加証拠金を入金する
  2. ポジションを決済または、減らす
  3. 放置する

①または②の対応をすれば、アラートは解消されます。

おすすめの対応は②ポジションを決済してしまうこと。しかし、もう少しで相場が反転しそうなら粘りたい時もあるでしょう。その場合、追加資金を準備できるなら①、ない場合は③となります。

証拠金維持率が20%を下回ると……

イラスト

放置しても結局は相場が反転せず、マイナスが膨らんでしまうこともあります。すると、証拠金維持率が20%を下回ると強制ロスカットになり、ポジションは決済されます。レッドカードで退場です。

強制ロスカットで退場にはなりたくないですが、いまFXで成功している人でも、1回、2回、あるいはそれ以上、強制ロスカットを経験している場合が多いので、誰にでも起こりえることと考えたほうがよさそうです。

それでは、いざという時に強制ロスカットの心構えができるように、資金、レバレッジ、ポジンションから、強制ロスカットとなる水準の計算方法、証拠金維持率との関係をまとめてみたいと思います。

証拠金維持率について復習

イラスト-本

まずは証拠金維持率について復習しておきましょう。

証拠金維持率は、有効証拠金と必要証拠金から次の計算式で求められます。

  • 証拠金維持率(%) = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100
  • 有効証拠金 = 証拠金(残高) + クレジット(ボーナス) + 評価損益

必要証拠金は設定されたレバレッジによって異なります。

XMではレバレッジの初期設定は50倍(1:50)となっていますので、例えば110円/ドルの場合で考えると、初期設定でのドル円5万通貨の必要証拠金は、

110円/ドル × 5万ドル ÷ 50倍 = 11万円

となります。

レバレッジごとの必要証拠金の計算

イラスト

資金が10万円とすると、初期設定で5万通貨のポジションは持てませんが、

  • レバレッジが100倍
    ドル円5万通貨の必要証拠金は5.5万円
  • レバレッジが400倍
    ドル円5万通貨の必要証拠金は13,750円
  • レバレッジが888倍
    ドル円5万通貨の必要証拠金は6,190円

となりますので、資金が10万円でも5万通貨のポジションを持つことができます。

つまり、設定レバレッジが異なれば、同じ資金であっても証拠金維持率が異なり、持つことのできるポジションも違ってくるのです。

資金10万円でドル円5万通貨(110円/ドル)を保有した場合、上の例で証拠金維持率を計算すると、

レバレッジが100倍では、証拠金維持率は

  • 10万円 ÷ 5.5万円(必要証拠金) × 100 = 182%

で計算することができます。

  • レバレッジが400倍
    証拠金維持率は 727%
  • レバレッジが888倍
    証拠金維持率は 1,616%

ですね。

この証拠金維持率が、20%を下回った場合、強制ロスカットとなります。

有効証拠金がいくらになれば強制ロスカット?

イラスト-疑問点

次に同じ条件で有効証拠金がいくらになれば、強制ロスカットになるのか見てみましょう。

レバレッジが100倍で、ロスカット水準の有効証拠金計算は

  • 5.5万円(必要証拠金) × 20% = 11,000円

となります。

  • レバレッジが400倍
    有効証拠金が 2,750円
  • レバレッジが888倍
    有効証拠金が 1,235円

で強制ロスカットです。

有効証拠証拠金はボーナスも含みますので、入金ボーナスが残っていると資金が尽きるぎりぎりまで粘ることができます。レバレッジでロスカット水準が違ってくるため、レバレッジの設定はとても大事ですね。

XMの口座開設後、レバレッジは最初から888倍ではない

イラスト

XMは888倍のレバレッジが有名ですが、口座を開設して最初から888倍に設定されているわけではありません。レバレッジを自分で設定するようになっているため、ハイレバレッジでトレードしたいのであれば、設定変更が必要です。

1:1 から1:888(888倍という意味です)まで15種類の中から選択可能ですが、下のように残高に応じて最大レバレッジは異なります。残高で対応可能な最大レバレッジに設定しておくと良いでしょう。

  • XMスタンダード口座、マイクロ口座の通常レバレッジ888倍(ゼロ口座は500倍)
  • 残高が2万ドル(約200万円)を超えるとレバレッジ200倍に制限
  • 残高が10万ドル(約1000万円)を超えるとレバレッジが100倍に制限

実際に残高が規定を超えて制限がかかるときには、XMよりメールでレバレッジ変更のお知らせが来ます。反対に、残高が規定より少なくなったった場合は、メールまたはライブチャットで制限の解除を依頼しましょう。

自分の口座のレバレッジ設定は、ログインメンバー画面「マイアカウントの概要」の口座番号の左横にある下向きの矢印(v)を展開すれば確認できます

レバレッジを変更するには、レバレッジ設定の横にある編集(ペンのマーク)から、または、「マイアカウントの概要」から「オプションを選択する」。その後、レバレッジ変更を行ってください。変更したい倍率をチェックしリクエスト送信すると、審査が行われた後、即日から1日程度でレバレッジが変更となります。

マイナー通貨ペアについて

  • EURDKK
  • EURHKD
  • GBPDKK
  • USDDKK
  • USDHKD
  • USDCNH
  • EURRUB
  • USDRUB

上記のマイナー通過ペアについては、口座の残高にかかわらず最大レバレッジが50倍に制限されます。そのため、必要証拠金が他の通貨ペアよりも多く必要です。

まとめ

イラスト-財布とお金

コツコツ小さく勝つことはもちろん大事。でも、小さなトレードのままでは当然、大きく勝つことはできません。ロット数を少しずつ大きくしたり、ときには思い切ったトレードをしてみたりすることも大事です。

大きな勝負をする時は、もちろん強制ロスカットになる残高や証拠金維持率の管理が重要でしょう。今回のコラムでお伝えしたことは、きちんと理解しておいてくださいね。

👇参考になった場合はポチっと押してください👇
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

ブログ管理人からのお知らせ

◎大介が使うMT4用のFX自動売買EAについて知りたい方はこちら➡

◎管理人の大介がFXの自動売買で生活するために、初期投資5万円で自動売買を運用中。収支報告をご覧になりたい方はこちら↓↓↓