海外FXを始めて大損しないために知っておいた方が良いこと

海外FXを始める前に

イラスト-FXの勉強

こんにちは、大介です。

今回はこれから海外FXに挑戦する人に向けて「大損しないための心がけ」を紹介します。「儲けるため」ではなく「大損しないため」なので、後ろ向きの印象を持たれたかもしれません。しかし、FX では大損しないこと……つまり、負けても軽傷で済ませることがかなり大切です。

海外FXは、レバレッジの高さやボーナスの豊富な点から人気が高くなってきました。しかし、FX初心者が海外FXに参加する時にはいくつかの注意が必要です。

私も少ない運用資金でハイレバレッジの裁量トレードをした経験がありますので、その経験から学んだことをお伝えしましょう。

海外FXのメリット・デメリットを解説します

海外FXのメリットについて

イラスト

①レバレッジが高く100倍~2,000倍等の業者が多数存在する

日本国内のFX業者で個人口座を開設した場合、金融庁が定めた公的な規制があるので25倍以上のレバレッジはかけられません。しかし、海外のFX口座を利用すれば規制の対象外となるため、数百倍から数千倍のレバレッジをかけることも可能です。

②ゼロカットシステムを導入している

国内のFX業者で取引をする場合、ロスカット注文を入れずにトレードしてしまうと保証金維持率が下回ってしまい、追証の請求が来ることがあります。これは、いわゆる借金で「FXが怖い」と言われる原因の1つです。

しかし、海外FXならばゼロカットシステムというものを導入しているため、自分が入金した金額以上に損をすることはありません

③NDD方式による注文

NDD(ノーディーリングデスク)方式とは、直接インターバンク市場に注文を出す方式のこと。FX業者のディーラーが取引に関与できない方式になっている為、透明性・信頼性が高い方式を取っています。
対して国内のFX業者は、DD(ディーリングデスク)方式での注文。国内FX業者が注文を抱え反対売買を為替市場に業者が出します。実質、トレーダーの取引相手が国内FX業者になっているのです。

④国内FX口座に比べ海外FX口座開設の方が早く取引を行える

国内FX業者を利用すると、IDやPWの簡易書留が郵送されてきて初めて取引開始できるようになるのが一般的。一方、海外FX業者はネット上で登録を完了できるため、対応が早い業者ならば数時間で取引を開始できます。

⑤入出金方法が豊富

海外FX業者は、

  • クレジットカード
  • 海外銀行送金
  • BitWallet
  • Skrill
  • Neteller
  • PayPal
  • ビットコイン

入出金方法が豊富。国内FX業者は、銀行からのネットバンキングによるクイック入金や銀行送金が主流です。

海外FX業者デメリットについて

イラスト

①ライセンス取得をしていない詐欺業者が存在する

ボーナス特典等を使って日本の一般トレーダーを狙っている海外業者は実際に存在します。いざ、出金をしてみると出金拒否を受けてしまい出金できないことも。

実はFXトレーダーの中の日本人割合は非常に高く、世界中で開設されているFX口座が約50万人とも言われる中、約半数以上が日本人と言われています。そのため、日本人トレーダーに目を付けた海外FX詐欺業者もいます。詐欺業者はライセンスの取得をせずに営業を行っているため、ライセンスの有無を確認すれば詐欺業者に引っかかってしまう可能性を随分と低くすることができるでしょう。

②スプレットが広い

メリットの欄で前述したように、海外FX業者はNDD方式を採用している業者が多く、収益はスプレットからのみ。そのため、国内業者よりもスプレットが広めです。

③少額資金での運用が難しい

ハイレバレッジが魅力な海外FXですが、少額での運用は強制ロスカットをされてしまうリスクが大幅に上がります。資金に余裕があれば強制ロスカットを回避できるので、資産運用としてFXに投資をするのなら資金は多めが良いでしょう。

④ハイレバレッジの許容が難しい

ハイレバレッジで取引をするのが前提のため、予想通りに市場が動けば大幅な利益が見込めます。反面、逆に市場が動いたらアッという間に強制ロスカットになる可能性もあるでしょう。


上記のメリット・デメリットを踏まえた上で海外FX業者の利用を考えてみてください。

続いて、私が実際に海外FX業者を利用した際の実話を少しだけ書かせていただきます。少々お付き合いください。

私の運用実話(XM Tradingでの裁量トレード)

イラスト

最初に私が選んだ海外FX業者は、有名なXMです。

その頃は自動売買ではなく裁量トレードをしていました。口座開設だけで3,000円のボーナスがもらえたことと、知名度・老舗という点から選びました。

<XM証券公式ページ>

最初はかなりの少額投資1万円のみ入金し運用。すぐに、16万、25万と増えていき初回のボーナスを消化することもなく、たった2週間の運用で元金が25倍になりました。ちなみにレバレッジは、500倍です。

気を良くした私は調子に乗ってしまい、レバレッジを888倍へと変更しました。ちなみに888倍のレバレッジは、XMにおける最大値です。

2日かからずにロスカット

私がレバレッジを888倍に変更してトレードを開始した途端、全てのポジションが逆に動き、2週間で稼いだ25万は2日かからずにロスカットの餌食になってしまいました。

人間は欲の塊です。25万はあくまでデータ上の数字であって、出金できて現実のお金になるのだと実感しました。

そんな流れの中、ボーナスで増やせるわけもなく再度入金。2回目のチャレンジは、前回の強制ロスカットに耐えうる15万円でスタート……レバレッジは初めから888倍です。

運用2日目にして80万円の利益を取った私は50万円を出金しました。残額で再度挑戦……そんなときです。兼業トレーダーの私には気付くはずがない時間帯にEUの要人発言がありました。

ロスカットは入れてありましたが、突然すぎる発表に市場は大混乱。私のスマホにも約定のメールが来たので、確認してみると残額はたったの10万円になっていました。

50万の出金で気を良くしていた私は、ロスカット値の設定が深過ぎたのでしょう。再度、ポジションを持とうと入金しましたが、今思えばかなりいい加減なエントリーでした。スマホから市場の状況も確認せずにエントリーしてしまったのですから……。3回目のエントリーはアッという間に強制ロスカットで、マイナス20万円です。

約1か月の給与を、実質1週間で無くしてしまいました。「海外FXは素人が手を出してはいけないんだな」と思った次第です。

国内FXで修行をし再度挑戦

イラスト

1年半程、国内FXで修行をした私は、海外FXに再度挑戦しました。いろいろと学んでいたため、ロスカット値は何%までとあらかじめ決め、利確は金額ではなくpipsで計算です。もちろん、レバレッジも適正な値に設定しました。

ロスカットされてしまった時には、ロスカットの原因を探ります。「ロスカットの理由が明確になるまではポジションを持たない」と固く決意しながら、反省と実践を繰り返す日々です。

気付いたらなかなかの利益を出せるようになっていました。

現在もこれはと思ったトレンドには、海外FX業者のアカウントから後出しじゃんけんスタイルで乗り、利益を深く追わずを繰り返しています。

まとめ

イラスト

海外FX業者はレバレッジの高さが魅力ですし、沢山のボーナスキャンペーンも常に行われています。しかし、それらを上手に利用させてもらうには、相応の知識と経験が不可欠。裁量トレードで簡単に利益は出ません。

海外FXで大損をしないように、ポジションの持ち方や市場に入る根拠を明確にしてからチャレンジしてみてください。そうすれば、ハイレバレッジやボーナスを活かしながら、FXで利益を出すことも可能でしょう。ただし、自分なりのルールを作れるまでは少額での取引を繰り返すことをおすすめします。

👇参考になった場合はポチっと押してください👇
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

ブログ管理人からのお知らせ

◎大介が使うMT4用のFX自動売買EAについて知りたい方はこちら➡

◎管理人の大介がFXの自動売買で生活するために、初期投資5万円で自動売買を運用中。収支報告をご覧になりたい方はこちら↓↓↓