XMのデモ口座について入金方法やレバレッジ、利用期限を調べました

本番の前に練習!

自分のお金でトレードすると正常な判断ができません

こんにちは、ネオニート新之助です。

今回はXMのデモ口座について書きたいと思います。

初心者トレーダーは、実際に現金でFXの取引をする前に、まずはデモ口座で練習するべきというのが私の持論。デモ口座で取引を何度かすれば、取引画面や操作方法にも慣れることもできるでしょう。

ここでは、XMtradingの画面を使って説明しますが、XM以外のFX業者を使っている人にもわかりやすい話なのでご安心を!

デモ口座とは

デモ口座では、実際に取引する時の画面と同じで、リアルに取引をしているような操作をすることができる機能。

XMに限らずFXデビューの際に「まずは少額で試す」と考えている初心者トレーダーも多いかと思いますが、よりおすすめできるのはデモ口座を上手に利用することです。

XMのデモ口座について解説します

XMのデモ口座開設の手順

それではXMのデモ口座の開設をご紹介します。➡XMデモ口座のリンク

XMでのデモ口座の開設申請には書類提出の必要もありません。無料で気軽に始めることができます。デモ口座の開設方法も簡単です。まずは、XMのトップ画面から「デモ口座」のボタンをクリック。すると以下のような会員登録の入力画面が表示されます。

基本情報を入力

XMデモ口座登録画面にて

  • 名前や居住国、住所などの入力をするのですが全てローマ字(半角)で入力
  • デフォルトである日本の国番号である81の後に、0を抜いた電話番号を記載

この後に取引プラットフォームタイプや口座タイプ、口座の基本通貨などを選びます。

XM は取引プラットフォームタイプが MT4と MT5があります。XMではデモ口座を5つまで作ることができるので、MT4とMT5どちらにも対応できるようにするのも良いでしょう。

取引口座詳細について補足

XMデモ口座の取引口座詳細画面では以下の内容を入力する必要があります。

①取引プラットフォームタイプについて

XMで利用することができるプラットフォームにはMT4とMT5があり、いずれもデモ口座で試すことができます。

MT4は世界中で最も利用しているユーザーが多いプラットフォームで初心者にもおすすめ。FX以外のCFD商品や先物などの金融商品の取引も可能です。ワンクリックで取引できますしチャートも見やすいです。無料でダウンロードできます。

一方、MT5の特徴は、MT4よりもできることが増えていること。また、MT4ではできなかった仮想通貨の取引もMT5ではできるようになっています。より多機能なのはMT5のほうですが、まずはMT4に慣れてからMT5を利用すると良いでしょう。あまり多くの機能があっても使いこなせないだけではなく、ややこしく感じてしまうことが多いからです。時間はたっぷりあるので順序良くいきましょう。

②口座の基本通貨

基本通貨はユーロ、米ドル、円から選ぶことができます。

③投資額

初期投資額の設定が可能です。この投資額によって取引が大きく変わってきます。

④口座タイプ

XMには3つの口座のタイプがあります。デモ口座ではスタンダート口座かZERO口座を選ぶことが可能。スタンダード口座はXMの標準であり、ゼロ口座はスプレッドが狭く短期間で取引を繰り返す経験者向きとなっています。

せっかくのデモ口座ですから、両者の違いを知るために両方の開設がおすすめ。デモ口座なら、どのように試しても資金が減ることはありません。デモ口座の開設は、現金ではなかなか試せない場の開設でもあります。

⑤レバレッジ

XMのデモ口座でのレバレッジ設定は開設時。これは途中で変更できません。そのため、デモ口座の開設時に最大設定をするか、複数のデモ口座を持つか、です。1つのメールアドレスで最大5つまで口座開設ができますので、数種類のレバレッジを試して、どのくらいのレバレッジが自分に合っているのか見つけると良いでしょう。

XMは海外業者のため、日本のFX業者と比べるとレバレッジの上限は大きいです。だから、大きなレバレッジでの取引に慣れておきたいですね。複数のデモ口座を開設するのなら、デモ口座の1つは最大レバレッジの口座を開設すると良いです。1つしかデモ口座を開設しないのなら、最大レバレッジに設定するのがおすすめですね。

ここまで設定したら、口座のログインパスワードを設定。ニュースレターや企業ニュースを選んでおくと市場の様子などを詳しく教えてくれるメールの受け取りも可能です。FXは情報が大切なので、選んでおくと良いでしょう。

ログイン

ここまでの設定が終わると、登録したメールアドレスにログイン情報が記載されたメールが届きます。XMのMT4もしくはMT5のインストールとログインも行ってください。ログインパスワードをメモしておくことも忘れずに。

口座への入金方法

XMのデモ口座の入金方法は、取引口座詳細画面にて投資額をあらかじめ設定をします。(実際の入金は不要です)

取引を始めてから投資を増やしたくでも、途中での資金追加はできません。また、資金がなくなってしまった場合は、取引できない状況に……。一から口座を作り直す必要があります。何度も作るのは面倒なので、デモ口座開設時になるべく多めの投資額を設定することをおすすめします。

有効期限

XMのデモ口座には有効期限はありません

しかし、90日以上取引をしないで放置しておくと自動的にデモ口座はなくなってします。

注意点

約定するまで実際には時差がある

FXでは注文をしてから、約定するまで実際には時差があることがほとんどです。しかし、デモ口座では実際に注文をするわけではないので、注文をしたらすぐに約定されます。

実際に市場で取引をするようになると、この点に違和感を感じるかもしれません。覚えておきたいポイントですね。

緊張感やストレスなどが大きく変わる

XMでのデモ口座は、あくまで取引の流れや操作方法を覚えるものと思ってください。

実際にお金を使った取引になると緊張感やストレスが伴います。デモ口座とは勝手が違うように感じる人も少なくないでしょう。だから、デモ口座でどれだけ上手に取引できても、本番に活かすことができるかどうかは怪しいものです。

それでもデモ口座で練習する意味があるのは、操作になれていない状態で実際の取引をするのは危険だから。誤った取引をしてしまえば、そのまま損をしてしまうのがFX取引の怖いところなので、操作に慣れるのは本当に大事です。また、デモ口座への登録をしておけば、XMから現在の市場についてのメールが届くので、市場の状況を把握にも役立ちます。

デモ口座に慣れたらマイクロ口座を使う方法もある

XMにはマイクロ口座とよばれる10通貨から取引できる口座があります。実際に取引をするので、取引をする感覚を勉強することができますし、大きな損益がでることもありません。デモ口座で操作に慣れたら、通常の口座で取引する前にマイクロ口座での取引を挟んでも良いでしょう。

マイクロ口座の開設はこちらから。

<XM証券公式ページ>

XMのデモ口座のまとめ

イラスト-チャートのレンジ相場

XMのデモ口座は、資金も書類も準備する必要がありません。すぐに作れますし、すぐにFX取引を疑似体験することができます。

レバレッジや初期投資の設定はもちろん、XMの特徴であるスタンダード口座とゼロ口座の選択も可能。また、デモ口座でインジケーターやEAの利用もできます。スマホにMT4をダウンロードしておけば、出先でもデモ口座での取引を楽しむことができるでしょう。

まずはツールに慣れる必要があるので、デモ口座を使ってXMのツールの使い方を把握すると良いでしょう。FXに興味を持った人は、すぐにでも現金で取引したくなるかもしれませんが、まずは準備を整えること。これが最優先です。準備の中には「取引に慣れる」も当然含まれます。デモ口座で何度も取引すれば、コストゼロで取引慣れすることも可能です。

もし自分で取引するのが難しいと感じるかは、自動売買ツール「トライアングルアービトラージ」を使用することをお勧めします。

こちらのページで詳しく説明しているので、利用方法を知りたい方はこちらをご覧ください!

ブログ管理人からのお知らせ

◎ネオニート新之助が使うMT4などで使用できるFX自動売買EAについて知りたい方はこちら➡

◎管理人のネオニート新之助がFXの自動売買システムを提供中。詳細をご覧になりたい方はこちら↓↓↓