FXの自動売買で大損を出す可能性があるEAの見抜き方

EAを使用して大損したくない!

イラスト

こんにちは。大介です。今回はFXの自動売買で大損を出す可能性があるEAをお伝えしたいと思います。

私は、EA販売者としてどんなEAが優れているか、逆にどんなEAが大損を出す可能性が高いのか……熟知しているつもりです。だから、みなさんにEAの優劣の見抜き方を伝授できればと思います。

まず、私の基準で大損を出す可能性があるEAを下のように、3つの段階に分類しました。

  • こんなEAには絶対に手を出さないでほしい「レッドカード級」
  • 初心者が使うには注意が必要「イエローカード級」
  • 様子見にしたい「カードを出すわけではないけど……」

さて、本題に入る前にお伝えしたいのは、自動売買は儲かる!それに楽しい!ということ。

でも、初めて使うEAがレッドカード級のもので損失を出してしまうと「自動売買は儲からないもの」と思って、自動売買そのものが嫌いになりますよね。この記事が、大損を出す可能性があるEAを見抜くきっかけになればいいなと思います。

こんなEAには絶対に手を出さないでほしい「レッドカード級」

イラスト

レッドカード1枚目は誇大広告。

少しググってみましたが、

  • 「完全自動で月利30%」
  • 「最高のEAは世に出回らない」
  • 「30万円で購入した」
  • 「3年以上、月単位で無敗」

とか怪しいものが並びます。このような広告で購入を煽るEAはレッドカード。EA全体の評判が悪くなるので、EA業界から出ていってくれることを切に願います。

このような悪質なEAの場合、過去の取引結果を一部だけ切り取ってフォーワードテストを一切公開していなかったりしていることが多く、また、バックテストの結果が記載されていないことも多いです。

仮に損益グラフが表示されているのなら、トレード回数を確認してください。トレード回数の目安は1,000回以上としたほうが良いでしょう。EAの作り手側からすれば、取引回数が少なくてPFの高いEAを作るのは、容易です。

そして、月単位で無敗というのも注意してください。私はいくつも自動売買を購入してきましたが、月単位で無敗という自動売買には出会ったことがありません。しかも、そんな月単位で無敗のEAがバックテストを公開していないのは、常識で考えてありえません。

こういうのは同じEAを提供するものとして、非常に腹立たしいです。

私のポリシーとして、EAを使っていただくのであれば、「バックテストを公開」「フォーワードテストも正直に公開」することが大事だと考えています。損失は確かに収支報告を躊躇する部分はあるのですが、どんなEAでも買った負けたを繰り返して、利益を積み重ねていくものです。

現在販売しているブルーホークに関しても同様。短期的に負けていても、長期的には利益を積み重ねていくと信じていますので、毎週の収支報告もつつみ隠さず公開しています。

初心者が使うには注意が必要「イエローカード級」

イラスト

このブログを見てくださっている方は、そもそもレッドカード級のようなEAには絶対手を出さないと思いますが、判断が難しい「イエローカード級」のEAについて見分け方をご紹介します。

1つ目はナンピン・マーチンゲール系。これはイエローカードです。ナンピン系のEAは、過去のボラティリティがわかっていれば、PFが高いEAが結構簡単に作れてしまいます。ナンピン・マーチンゲール系のEAは右肩あがりが特徴ですが、負けるときはそれまでの利益が全て吹っ飛ぶ、コツコツドカンEAの典型的なものです。

2つ目は、純益だけ強調しているもの。このようなEAもイエローカードです。

EA販売サイトでは、バックテストの結果を確認しますが、多くの人が一番注目するのはいくら稼げたか(純益)だと思います。でも本当に大事なのは純益ではなく、最大ドローダウンです。

ここで簡単なチェックをしてみましょう。2つのEAが販売されています。

  1. EA1は純益が100万円で、最大ドローダウンが20万円でした。
  2. EA2は純益が10万円で、最大ドローダウンが1万円でした。

みなさんはどちらのEAを買いますか?私ならEA2を買います。

EA2のロット数を10倍にすれば、純益が100万円で最大ドローダウンが10万円となり、EA1よりも最大ドローダウンが小さいからです。

EAを選ぶ時に大事なのは、リカバリーファクター(純益÷最大ドローダウン)の値で、純益と最大ドローダウンはセットで考えなければなりません。

EA1はリカバリーファクターが5、EA2はリカバリーファクターが10。よく言われている目安は、リカバリーファクターが10を超えていることです。ちなみに、ブルーホークは17程度でした。

様子見にしたい「カードを出すわけではないけど……」

イラスト-悩み

某サイトでは、実績のあるEA作者が似たようなEAをどんどん販売されています。1つ勝てるロジックを持っている人は、それをベースに新たなEAを作ることが可能だからです。EAを購入するなら、やはり実績と信頼のある人がいいですよね。

私は新たなEAをどんどん開発するよりも、現状のEAをバージョンアップするほうが購入者のためになると考えています。同じ作者のEAを複数購入すると、ドローダウンが同じタイミングになることが多いので大損する可能性が高くなってしまうでしょう。この点は注意です。

だから、いくつもEAを販売している作者から、2つめのEAを購入するのは様子見にした方が良いかもしれません。もっとも、信頼できる作者からいくつもEAを買いたい人は一定数いますので、賛否が分かれる意見だとは思いますが……。

最後に

イラスト

少なくとも、レッドカード級の「誇大広告」には引っかからないでいただきたい。そして「ナンピン・マーチンゲール」や「純益だけ強調しているEA」には注意が必要。この2点は覚えておいてください。ナンピン・マーチンゲームに関しては賛否あると思いますが、初心者が選ぶEAではないと思いますし、私も手を出していません。

もっとも、ここに書いたことだけが全てではなく、「バックテストのトレード回数が1,000回を超えていないEA」や「取引期間が短いEA」は危険といった細かい話もたくさんあります。

以下の記事でも自動売買で勝つための基本的な知識について紹介しているので、よかったら参考にしてください。

https://fx-jidou.net/fx-auto/1225.html

👇参考になった場合はポチっと押してください👇
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

ブログ管理人からのお知らせ

◎大介が使うMT4用のFX自動売買EAについて知りたい方はこちら➡

◎管理人の大介がFXの自動売買で生活するために、初期投資5万円で自動売買を運用中。収支報告をご覧になりたい方はこちら↓↓↓