初心者向けにFX自動売買の仕組みを分かりやすく解説しました

FX自動売買の仕組みについて

こんにちは、大介です。

私は昔、裁量トレードをやっておりましたが自分に才能がないことに気が付いて、自動売買トレードをやるようになりました。今では自動売買のブログをやるくらい自動売買にハマっております。

そこで今回は、裁量トレードを長いことやっているが私と同じように成績があがらない方、そもそもFX自体やったことがない方にもわかるように、FX自動売買の仕組みをお伝えいたします。

FX自動売買は裁量トレードに比べて、少ない知識で利益をあげることができます。私の大好きな自動売買の世界を、是非みなさんにも知っていただきたいので最後までお付き合いいただけるとありがたいです。

以下が今回の目次となっております。

  1. 実際に取引して感じるFX自動売買の良さ
  2. MT4で自動売買を始めるのに必要な物は?
  3. 初心者の方が自動売買でよくする失敗

1.実際に取引して感じるFX自動売買の良さ

イラスト

FXの自動売買は、MT4というチャートに自動売買のソフトをセットして終わり。一度設定してしまえば、後は24時間放置しておけば良いので非常に簡単です。実際に必要な物は、次に説明していますので、まずは私が感じる裁量トレードに比べて、自動売買の良さをご紹介します。

裁量トレードに比べて、自動売買で運用してみて感じる良さは、

  • メンタルが弱くても勝てる
  • 自由な時間が増える

それぞれについて詳細に解説します。

メンタルが弱くても勝てる

イラスト

「メンタルが弱くても勝てる」ということですが、裁量トレードでは私は典型的な駄目トレーダーでした。勝てるトレーダーは、「損切りは浅く、利益確定は深く」を実践しますが、私はその逆です。損切りもなかなかできないし、利益確定もビビって伸ばすことができません。大きく勝てることもありましたが、「自分は天才だ!」と勘違いしてしまい、その後連敗を重ねて利益を積み重ねることが苦手です。

そんなトレーダー向きの性格ではない私でも自動売買では、利益をあげることができています。

自由な時間が増える

イラスト-自動売買

次に、「自由な時間が増える」ことも自動売買をやって良かったと感じている点です。

裁量トレードですと、複数の時間軸を分析してからエントリーポイントを探していきます。例えば、4時間足では上昇傾向、1時間足では停滞(レンジ)、5分足でレンジの下降付近で買ってみよう。損切りはレンジの下限を超えたところで、利益確定ポイントはレンジの上限少し手前にしてみよう。とかズラズラ考えていきます。

そして、何時間もチャートを見て、エントリーポイントを探していましたが必ずチャンスが訪れるとは限りません。自分の想定していた動きとは異なることも多いです。

才能のある方や時間がたくさんある方は、裁量トレードがいいと思いますが、私には合いませんでした。今では自動売買のソフトに任せっきりなので、空いた時間を有効活用することができています。

FXの自動売買を始めるのに必要な物は?

イラスト-チェックリスト

自動売買を始めるまでは、準備が大変そうというイメージを持っておりましたが、必要なものは多くありません。

  • 自動売買ツール(プログラム)
  • MT4が取り扱い可能な口座
  • 24時間稼働可能なパソコン(VPS)

FXの自動売買ツールについて

まずは、自動売買ツールを用意する必要があります。当サイト以外でも、Gogojungleといった有料EA販売サイトでも購入することが可能です。EAの紹介を見ていると思わず買ってみたくなるものばかりですが、初心者の方ですとナンピン型よりもワンポジション型EAの方が取り扱いしやすいと思います。

MT4が取り扱い可能な口座

そして、MT4が取り扱い可能な口座が必要です。何やら非常に面倒なイメージがありますが、取引したいFX会社で、名前や住所を入力、そして本人確認書類を提出すれば簡単に口座開設することができます。

取引業者は、国内よりも海外の方がオススメです。海外と聞くと英語ができないと駄目とかちょっと怖いイメージがありますが、日本語サポートが充実していて安心です。

TOEICで200点をたたき出したことのある英語が全くダメな私でも、安心して海外で一番人気のあるXMという業者で取引をしております。

なぜ海外FXがオススメかもっと詳しく知りたい方はこちらの記事も読んでみてください。

https://fx-jidou.net/basics/4087.html

24時間起動しておけるパソコン

イラスト

最後に24時間起動しておけるパソコンが必要です。自動売買は、PCを見ている必要がなく効率の良い取引ですが、MT4というアプリケーション上で取引をしているので、自動売買を行うために24時間MT4を起動する必要があります。

私もなるべくランニングコストは避けたいので自宅PCでの運用を試みましたが、パソコンがWindowsUpdateやなんやらで電源が切れることが多かったので、VPSという有料サービスを申し込んでいます。初心者の方は聞きなれないサービスかと思いますが、長年EAで運用されている方はほとんどVPSを利用されています。

一度準備してしまえば後は楽ですが、初心者の方には敷居が高く感じられるかもしれません。一応、ブルーホークのモニターになっていただいた方には、「XMの口座開設」および「VPSへの申し込み」について不明点があれば、サポートさせていただいております。

初心者の方が自動売買でよくする失敗

イラスト

最後に、初心者の方が自動売買でよくする失敗についてご紹介しておきます。

短期間で自動売買の成績を判断する

まずは、短い期間(1カ月程度)で、自動売買の良し悪しを判断してしまうことが多いです。

どんな性能の良い自動売買のソフトでもドローダウン(負けが続く期間)は必ず訪れます。なので、0.1Lotで運用していて調子が上がってきたからといって、10.0Lotなどいきなり大きな枚数に変更するとドローダウンに耐えられなくなってしまいます。大事なことは、過去の最大損失を超えない限り、長い期間(1年程度)で運用を考えるということです。

自動売買を信じることができない

次に自動売買を信じることができないという失敗もよく見られます。

私も自動売買の取引を始めたときは、チャートが気になって仕方がありませんでした。

チャートを見て、「こんなところでエントリーするのか・・」「そろそろ利益確定しよう」とかよからぬことを考えてしまいます。自動売買と裁量トレードを組み合わる方が良いという考え方もあるみたいですが、私は自動売買に裁量の要素を持ち込むべきではないと考えています。

後からチャートを見返すと、自動売買よりも自分の方が上手く決済できていたと感じることもあると思います。でも、毎回のトレードで考えた時に自動売買の方が利益を積み重ねてくれることの方が多いです。

裁量要素を入れると、後から検証もできなくなりますので、自動売買を運用する時はドローダウンがあることを頭に入れ、自動売買を信じて運用することをオススメいたします。

結局、自動売買を信じて、過去の最大損失を超えない限り、1年・2年ほど運用してあげれば結果はついてきます。頑張りましょう!

👇参考になった場合はポチっと押してください👇
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

ブログ管理人からのお知らせ

◎大介が使うMT4用のFX自動売買EAについて知りたい方はこちら➡

◎管理人の大介がFXの自動売買で生活するために、初期投資5万円で自動売買を運用中。収支報告をご覧になりたい方はこちら↓↓↓