リモートデスクトップでVPSにMT4をインストールする方法!設定手順は簡単

今回は、仮想デスクトップとなるVPS上にMT4をインストールする方法を紹介してきます。

なんだか難しい単語が並んでいますが、深い意味は理解する必要はありません。わかっておくべきことは、今回の設定をすることで24時間ずっと自動売買ツール(EA)を稼働させておくことができるということです。

自身のPCで24時間ずっとEAを動かしてしまうと電気代がものすごいかかりますし、PCの消耗が激しくなります。このデメリットを解決するためにVPSという仮想のPCにMT4をインストールしてEAを設定するのです。

さて今回のインストール手順は今までとは違い、少しだけハードルが上がります。作業量が多いので疲れることもあるかもしれませんが、頑張って設定していきましょう。今回を乗り越えると後はEAのセッティングだけですからね。

リモートデスクトップでVPSにMT4をインストールする方法!設定手順は簡単だ

MT4をセッティングする前に大事なことを確認しておこう

今回、VPSにMT4をインストールするためには、スマホではなくPCで作業することをオススメします。ログインIDなど入力作業がたくさんありますので、PCの方が簡単です。

スマホだとセッティングが難しいのでオススメしません。大事なことなので事前に知っておいて下さい。

そして、今回はVPSを契約した時の登録完了メールが必要になります。以下のメールが届いているはずなので、この画面を事前にメールで開いておきましょう。

※コンピュータ名やユーザー名など、VPSにログインする時に必要になりますので準備しておいてください。

 

PCからリモートデスクトップを検索しよう

まずは、PCの左下のプログラム検索するアイコンをクリックしてください。

すると検索欄がありますので、そこに「リモート」と入力してください。(※リモートデスクトップと入力すると出てこない場合がありますので注意してください。)

 

「リモート」と検索をかけると、以下の画面が表示されます。ここにVPSのコンピュータ名を入力してください。

「(例)150.00.0.11」という数字列を入力します。

 

次に、セキュリティー画面が表示されますので、VPSの「ユーザー名」・「初期パスワード」を入力してください。

例:「ユーザー名 :Administrator」、「初期パスワード:a◯◯eAjB」

 

入力が完了すると以下の画面が表示されますので、チェック項目にチェックを入れて、「はい」をクリックしましょう。

 

これらの作業が完了すると、以下のような別の画面が突然出てきます。これがVPSの仮想デスクトップです。

普通のPCのデスクトップ画面と同じです。なので、仮想デスクトップという意味がわかったかと思います。そして、この仮想空間のデスクトップにMT4をインストールしていきます。

 

仮想デスクトップにMT4をインストールする前の準備手順

XMトレーディングからMT4をダウンロードしよう

(※仮想デスクトップではなく、現物のPCからまずはMT4をダウンロードします。)

MT4をインストールするには、XMからダウンロードするのが一番簡単です。

→ XMトレーディングの公式サイトはこちら

XMのホーム画面を表示すると、「プラットフォームダウンロードセンター」という項目をあるので、そこをクリックしましょう。

 

ダウンロードセンターに移動すると、「MetaTrader4」と「MetaTrader5」のダウンロード画面になります。ここで注意したいのは必ず「MetaTrader4」をダウンロードすることです。

自動売買ツールを動かしたい場合には、MetaTrader4でしか正常に動かせないので注意してください。

 

画面を下に移動すると、赤枠のダウンロード項目があります。お使いのPCが「Windows」か「Mac」かでダウンロードするものが違うので気をつけて下さい。

 

ダウンロードする端末PCをクリックすると、次に「ダウンロード」のボタンがありますので、そこからダウンロードしましょう。

 

ダウンロードしたMT4をVPSの仮想デスクトップに移そう

ダウンロードしたMT4をコピーして貼り付けよう

ダウンロードしたMT4は、PCの「ダウンロード」というBOXに入っています。

「xmtrading4setup.exe」がありますので、これを右クリックでコピーしましょう。(※ショートカットではなくコピーしてください。)

 

仮想デスクトップにコピーしたMT4を貼り付ける

ダウンロードしたMT4をコピーしたら、仮想デスクトップに貼り付けましょう。(※右クリックで「貼り付ける」が表示されます。)

※実はこの作業があるため、スマホではなくでPCでの作業を推奨しています。コピーして貼り付けるのはPCからの方が圧倒的に楽で簡単なので覚えておいて下さい。

 

MT4の設定を手順に沿って作業しよう

XMのMT4をセットアップしよう!

仮想デスクトップに貼り付けたMT4のセットアップアイコンをダブルクリックしましょう。すると、以下の画面が表示されます。

この画面が表示されると「実行」のボタンをクリックしてください。

 

次に、規約が表示されますので、「次へ」をクリックしてください。

 

すると、セットアップの完了が表示されますので、「完了」ボタンをクリックして終了です。

 

MT4とXMトレーディングを紐づけよう

MT4を正常に動かすための手順を紹介

仮想デスクトップにMT4のセットアップが完了すると、チャート画面が表示されます。

ここからは、アプリ版のMT4でXMと紐づけた作業と同じ作業をしていきましょう。

→ 参考:スマホ版MT4アプリの設定方法!XMへのセットアップ手順を解説

 

XMのReal口座を繋げよう

自身のXMの口座と紐づけするためには、XMに登録した時に送られてきたメールを参照します。

以下のメールに自身のリアル口座番号などが記載されていますので、XMからのメールをチェックしてください。

 

「既存のアカウント」欄にXMの「ログインID」や「パスワード」など入力すると、「完了」ボタンをクリックしましょう。(※「パスワードを保存」にチェックしておきましょう。)

 

以上でMT4のインストールは完了です。(※このチャート画面のまま放置しておいてください。チャート画面を残したまま仮想デスクトップ画面を消しましょう。)

作業量がとても多かったので疲れたことだと思います。でも、この作業がないとMT4をVPS上で24時間稼働させることができなので、必ず設定してくださいね。

手間が多いだけで難しい作業はありません。今回の内容を1つずつ参照しながら丁寧に実践すれば問題ありませんので、一気にやっちゃいましょう。

まとめ

スマホでの作業ももちろん出来るのですが、スマホだと想像以上に手間がかかります。途中で設定作業をするのが嫌になるほどです。

ですので、今回の作業は必ずPCからやるようにしてください。作業量が多い時には、PCを利用することが一番懸命な判断ですよ。

👇参考になった場合はポチっと押してください👇
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

ブログ管理人からのお知らせ

◎大介が使うMT4用のFX自動売買EAについて知りたい方はこちら➡

◎管理人の大介がFXの自動売買で生活するために、初期投資5万円で自動売買を運用中。収支報告をご覧になりたい方はこちら↓↓↓