FXの自動売買ツール(EA)をリモートデスクトップで動かす際の注意点

FXの自動売買ツール(EA)を動かす際には、多くの方はリモートデスクトップという仮想デスクトップPCを使用すると思います。24時間365日ずっとEAを稼働させてトレードを放置することでしょうから、リモートデスクトップの方がコスパは良いです。

実際、当サイトで紹介しているEA・イーグルキャッチもリモートデスクトップのMT4にセッティングしているのですが、ちょっとしたトラブルを経験したので今回はそれを紹介していこうと思います。

EAを稼働させている最中にリモートデスクトップにトラブルがあるとどうなるのか。FXトレードに失敗しないためにも、前もって注意点を知っておきましょう。

FXの自動売買ツール(EA)をリモートデスクトップで動かす際の注意点

FXでEAを動かすならばリモートデスクトップでないと不安

 

FXの自動売買ツール(※以下、EAと称する)を稼働させる場合には、PCをずっと動かしておかないといけません。自宅のPCでEAをずっと稼働させておいても良いのですが、24時間365日動かすことになりますので電気代がバカになりません。

またPCをずっと稼働させておくことは、PCの消耗にも繋がります。いつか壊れてしまうことは当然ですが、寿命が早くなるということですね。

なので、EAをセッティングするPCは、リモートデスクトップという仮想デスクトップがおすすめです。リモートデスクトップでEAを動かした場合には、月々の費用が自宅のPCで動かすよりもお得になりますからね。また、仮想デスクトップなのでPCの消耗というデメリットもありませんので、メリットしか残らないことも知っておくと良いでしょう。

リモートデスクトップでEAをセッティングしたら異常を起こさないように!

EAをリモートデスクトップにセッティングした後は、必ずリモートデスクトップを放置しておいてください。ログイン状態を切った後には、もう再ログインしないようにしておきましょう。

EAのスイッチのON/OFFを調整する場合は仕方ありませんが、それ以外のケースでは二度とログインしない方が懸命です。

というのもリモートデスクトップをログインした状態で放置し、ネット環境が悪くなった場合には強制決済が起こる可能性があるのです。(実際に私がやってしまった失敗なのですが…。笑)

EAでFXのトレード中に、自宅PCでリモートデスクトップを立ち上げた後、すぐにWi-Fiのネット通信が悪くなりました。その影響でMT4が正常に稼働せずに強制決済が起こったのです…。結果…2,000円ほどのマイナス収支になりました。

この最悪の状況を起こさないためにも、リモートデスクトップをログインした状態で自宅PCを放置しないようにしてくださいね。

FXのチャート画面を確認したい場合にはMT4アプリを使おう

FXのチャート画面、トレード状況を確認したい場合には、必ずMT4アプリでチェックするようにしてください。

 

トレード状況を確認したい時には別にリモートデスクトップで逐一確認する必要はなく、MT4アプリで見れば良いのです。

MT4アプリだとネット環境が悪くなっても、トレードにトラブルが起こることはありません。どれだけネット環境が悪くなっても強制決済は起こらないのです。

なので、現在のFXトレードがどうなっているのかをチェックする際には、必ずMT4アプリで見るようにしてくださいね。

まとめ

リモートデスクトップでEAを稼働させた際の注意点を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

今回の情報は実際に私自身がやってしまった体験談です。MT4アプリはインストールしてあったのですが、リモートデスクトップの状況も気になったのでログインして放置していたらこんな結果に…。

EAは一度正しく設定すれば、特に操作する必要はありません。完全自動で勝手にトレードを行ってくれます。ですので、正しくセッティングできれば二度とリモートデスクトップにログインする必要はありませんので、ずっと閉じておくようにしてくださいね。

👇参考になった場合はポチっと押してください👇
にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

ブログ管理人からのお知らせ

◎大介が使うMT4用のFX自動売買EAについて知りたい方はこちら➡

◎管理人の大介がFXの自動売買で生活するために、初期投資5万円で自動売買を運用中。収支報告をご覧になりたい方はこちら↓↓↓